冷え性の人にはどんな入浴剤が適していますか?

冷え性の人はシャワーではなく、必ず湯舟に入る事がすすめられています。
例え暑い夏であっても、湯船に入って体をゆっくり温める事が大切です。
シャワーだとさっぱりしますが、体がすぐに冷えてしまいます。
でも入浴する時には、入浴剤を使っているでしょうか。
出来たら使った方が良いですし、冷え性の人なら、冷えの改善になる入浴剤を使うようにしましょう。
まず入浴剤の種類ですが、大雑把に言うと、無機塩類(ミネラル)系、炭酸ガス系、薬用植物系、酵素系に分けられます。
一般の入浴剤(バスクリン等)の多くは、無機塩類系ですが、無機塩類系と炭酸ガスの混合のものも多いです。
炭酸ガスは細かい泡が立ち、その泡が毛細血管を広げて血行を促進してくれます。
おすすめの入浴剤にはどのようなものがあるでしょうか。
●バース 中性 重炭酸入浴剤・・重炭酸イオンをお湯にしっかり溶け込ませるためには、お湯が中性でなければならないのですが、独自の技術でお湯を中性に保つことが出来るようになっています。
そのためバースの錠剤から発生する炭酸ガスは、中性のお湯の中で重炭酸イオンへとすぐに変化し、ずっと持続してくれます。
重炭酸イオンはぬるめのお湯でも効果がありますから、ゆっくりお湯に浸かっていることが出来ます。
熱めのお湯だと体に負担がかかりますが、ぬるめのお湯でも確実に温浴効果を上げる事が出来ますので、冷え性を改善してくれます。
9錠入りがインターネットで990円です。
●バラカ ジョルダニアン デッドシーソルト・・中東の死海(塩の湖)は有名ですが、その死海から採った塩が使われています。
死海の塩の濃度は濃く、その塩分濃度のために体が浮くことでも知られています。
その死海の最も深い層から採った塩なので、ミネラルが豊富に含まれています。
発汗効果、温熱効果があるので、血行を促進してくれるので、冷え性の人には最適です。
また美肌効果もあります。
オンラインショップで500g入りが4,620円です。
●高陽社 薬用入浴剤 パインハイセンス・・松葉油を主成分として、保湿効果のある色々な成分を配合した薬用入浴剤(医薬部外品)です。
松の香りが良く、森林浴をしているような気分にさせる入浴剤です。
しっかり温まりますので、冷え性の改善になります。
1缶に2.1kg入っていて、インターネットで6,034円です。
かなりの大容量ですから、使い出があります。

タイトルとURLをコピーしました