冷え性になる原因にはどのようなものがありますか?

冷え性の人が女性も男性も増えて来ています。
いつも手足が冷たいとか、夏なのに体全体が冷たいと感じたりする人もいます。
また冷房により体が冷えて、暑い外へ行ってもなかなか体が温まらない人もいるでしょう。
人間の体というのは、たえず体温が一定に保たれている恒温動物です。
ですから冬だろうと夏だろうと、体温は大体同じに保たれています。
それは発汗することや、毛細血管を拡張して肌の表面温度を下げようとしたり、反対に毛細血管を縮めて熱を外へ出さないようにして体を温めようとします。
常に体温を一定に保とうとしているのです。
冷え性というのは、そういった体温調節がうまく働かなくなっている状態と言えるでしょう。
どのような原因が考えらえるのでしょうか。
●血液の循環が悪い・・低血圧や貧血等が原因で血液の流れが悪くなると、体はいつも冷えを感じるようになります。
●自律神経の乱れ・・体温調節を担っている自律神経が乱れることにより冷え性になります。
自律神経の乱れは、色々な原因によって起こります。
よく言われるのはストレスや不規則な生活です。
またいつも冷房が効いた涼しい室内にいる事により、たまに外へ行った時に温度差があまりにもあると、自律神経が乱れると言われています。
●筋肉の量が少ない・・筋肉というのは体温を作り出す働きを担っています。
ですので男性より女性の方が筋肉が付きにくいので、冷え性の人もそれだけ多いわけです。
筋肉の70パーセントは下半身に集中していますので、ジョギング等でふくらはぎの筋肉量を増やすと、体温も上がると言われています。
●女性ホルモンの乱れ・・更年期等により女性ホルモンが乱れると、血行が悪くなり、冷え性の原因になります。
●下着や靴下等による締め付け・・体を締め付けるような下着や靴下などをずっと身に着けていることが原因になることもあります。
あまりに締め付けていると血行が悪くなりますし、自律神経を乱すこともあります。
そうすると冷え性の原因になります。
●病気が潜んでいる場合・・以上のような原因の他に、病気が隠れていることもあります。
前述した低血圧や貧血も病気の1つではあるのですが、その他に手足の動脈が詰まってしまう「閉そく性動脈硬化症」が原因のこともあります。
また、膠原病、甲状腺機能低下症が原因になることもあります。
もしただの冷え性ではない、という気がするなら、病院へ行って診てもらうのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました