冷え性に高麗人参が効く?

高麗人参という名前は聞いたことがあっても、いまいち、どんなものなのかよく分からないという人も多いかもしれません。
高麗人参というのは、中国で数千年も前から漢方として使われているものです。
朝鮮人参と言われたりもします。
中国や朝鮮半島の山の中に自生しているウコギ科の植物です。
普通のニンジンとは見た目は全く違い(科が違うので当たり前ですが)、そんなに太くはないのですが、人に似たようなちょっと奇妙な形をしています。
4年から6年かけてゆっくり育ち、6年もので形が整っているものは、かなりの高額で取引きされています。
高麗人参は体全体に対して色々な効能があるのですが、冷え性対策としても有効です。
高麗人参には副腎皮質ホルモンの分泌を高める作用があり、それによって血液の流れをよくします。
また毛細血管を拡張させる効果もあるので、体の隅々まで血液を運びますから、冷え性を改善します。
冷え性に伴う肩こりや頭痛を軽減する効果もあります。
高麗人参を摂取するには、高麗人参が配合されたサプリを飲むのが一番手っ取り早いでしょう。
高麗人参サプリは、色々出されていますのが、おすすめを2つほど挙げてみましょう。
●DHCの、そのものずばり「高麗人参」というサプリです。
こちらは高麗人参でも6年ものの高麗人参から抽出した濃縮度の高い精製エキスを配合しています。
6年根には有効成分が多く含まれているので、冷え性だけでなく、体の様々な不調にも効果があります。
1ヶ月分(1日2粒で30日分)が1,270円で、オンラインショップで購入出来ます。
手頃な価格なので、続けやすいかもしれません。
●高麗人参ウェルネスの「高麗紅参精タブレットGOLD」です。
韓国の有数の高麗人参の産地である、「錦山(クムサン)」のものを使っています。
錦山は、韓国内最大の高麗人参の栽培地として知られており、この錦山の高麗人参のサポニン量は他の産地のものと比べてかなり高いようです。
その錦山で栽培された6年根だけを使用しており、タブレットの100パーセントがその高麗人参で出来ています。
このタブレットは1日に4粒以上飲むことが勧められています。
40粒入りは初回だけ1,980円(通常は2,980円)、120粒入りは初回だけ2,980円(通常は6,980円)です。
2回目以降は10%割引になります。
オンラインショップで購入出来ます。

タイトルとURLをコピーしました