冷え性に効く、金時ショウガのパワーとは?

女性の多くが悩まされている冷え性。
夏は冷房があるので、それこそ1年中冷え性で困っている人もいるでしょう。
実は冷え性には「金時ショウガ」が効く、と言われているのです。
ショウガというのは、何千年も前からインドや中国で使用されて来ましたが、現在では世界中で使われています。
日本でもショウガは料理にはなくてはならないものかもしれません。
また、体を温めるものとしてお茶に加えたり、スープに入れたりもしますね。
でも私たちが普段使っているショウガは、金時ショウガではなく大ショウガというものです。
金時ショウガというのはその大ショウガよりずっと小ぶりで、茎と根を結ぶ部分が濃いピンク色というか、赤い色をしています。
この金時ショウガ、古来から日本にある、日本独時のショウガなのです。
金時ショウガは同じ畑で繰り返し栽培することが出来ない、という特徴があります。
1回栽培すると、金時ショウガはその土の栄養分をすっかり取り込んでしまうので、その土は以後7年間から10年間は栽培出来ないという事です。
そういった金時ショウガですから、普通のショウガよりパワーが強いのです。
精油成分の「ガラノラクトン」と辛味成分の「ジンゲロール」は普通のショウガの4倍も含んでいます。
この「ジンゲロール」は加熱したり乾燥させて粉末にすると「ショウガオール」という成分に変わり、それが血行を良くし体を温める効果があるのです。
ですから体がポカポカと温まってくるので、冷え性の改善になります。
「ガラノクトン」には消炎効果があるとされています。
金時ショウガは、スーパーとかで簡単に手に入るものではありません。
やはりサプリになっていたり、粉末にされているものを購入するといいでしょう。
京都にある亀齢堂で出している、金時ショウガの粉末はおすすめです。
混ぜ物のない100パーセント金時ショウガの粉末です。
味噌汁に入れたり、炒め物や煮魚に入れたり等、ありとあらゆる料理に使えます。
100グラム入ったものが、オンラインショップで2,700円です。
サプリは、健康の杜で出している「金時しょうがプラスシルクペプチド」はいかがでしょう。
金時ショウガにアミノ酸の宝庫「シルクペプチド」をプラスしたものです。
こちらは60粒入りで1,900円で、1日2粒から3粒飲むのが目安です。

タイトルとURLをコピーしました