釣り糸と海釣り

海釣りと川釣りでどのような違いがあるのでしょうか。
もちろん、獲物となる魚の種類が違います。
また、水の比重が違うため、釣り糸の種類の選び方も変わってきます。
光の屈折率や比重が釣り糸の種類によって異なるのです。
特徴を理解して、その場に適した釣り糸を選ばなければなりません。
それが釣れる人と釣れない人の差となっていくのです。
釣り糸の種類としては一番ポピュラーなナイロンラインを始めとして、フロロカーボンライン、ポリエステルライン。PEラインがあります。
それぞれの特徴を知っておかなければ、どれが適したラインかを判断することができません。
初心者にはわからないかもしれませんが、実際に海釣りをしてみるとすぐに体感できます。
経験することによって多くのことを学ぶのも海釣りの楽しさでしょう。
単に魚を釣るだけのことですが、その奥深さがは釣り糸の種類の多さにも関係しているのです。
釣り糸の太さは号数によって表現されますが、PEラインなどは構成する糸の本数などが微妙に影響してきます。
多くのメーカーの中からどれを選べばいいか判断に悩んでしまうのです。
いろいろな選択肢がありますが、そのこと自体を楽しんでみてはどうでしょうか。
海釣りと川釣りの違いを知ることによって、新たな魅力を見つけることができます。
海釣りにはまっている人の多くは、その魅力を追い求めているのでしょう。
ラインだけではなく、ロッドなどの釣り具一つ一つがその日の成果につながっていくのです。