釣り糸とテクニック

釣りのテクニックはいろいろとあるでしょう。
ただ、狙う獲物に応じて釣り方を変えなければなりません。
初心者と上級者ではテクニックに大きな違いがあるでしょうが、釣り具の選び方も重要となります。
初心者にはわからないかもしれませんが釣り糸の種類も重要となります。
獲物に応じた釣り糸が必要なのです。
釣り糸の種類はよく知られているようにナイロンライン、ポリエチレンライン、フロロカーボンライン、PEラインです。
それぞれが適した状況で選ばなければなりません。
ただ、誰もが同じラインを選ぶわけではありません。
それがテクニックの差となるのです。
初心者は上級者のアドバイスに従って、釣り糸を選ぶようにしてください。
ラインの違いによって伸び率や比重が異なります。
テクニックは魚がかかってからの力量の違いとなります。
ラインの違いは柔らかさの違いです。
小物を狙って釣りをするのであれば、柔らかいラインを選ぶべきでしょう。
どのような状況でどの特性が重要となるかは、一般的な考え方があります。
それをベースとして、選択しなければなりません。
もちろん、釣り糸の選び方を間違ったとしても急に釣れなくなるわけではありません。
ただ、釣り競技などを見ているとどのラインを選んでいるかなどは書かれていません。
釣り糸だけでは何かが決まるわけではないからです。
自分のテクニックを磨くことは重要です。
自分のレベルアップは釣りの成果となって表れるはずです。
だんだんと釣りが楽しくなるでしょう。