「置き換えダイエット」とは?

「置き換えダイエット」と呼ばれているのは、運動したり苦労したりすることなく痩せることができる方法だと喧伝されています。

置き換えダイエットとは、食事をカロリーの低い食品に置き換えることで、一日の摂取カロリーを減らす方法です。置き換えといっても、すべての食事を低カロリー食品に置き換えるのではなく、1日のうち1~2食を置き換えるという意味です。

食事をカロリーの低いものに置き換えるだけで痩せることができるのは、必要以上のカロリーで脂肪が蓄積されてしまうからです。

カロリーとは、私たちが体を動かすときに使うエネルギーのことです。カロリーは私たちが直接摂取するものではなく、私たちが体を動かすときに体内で起こる燃焼作用によって生み出されるエネルギーです。カロリーはあらゆる臓器の燃料にもなっており、私たちは呼吸をしたり、心臓を叩いたり、頭で考えたり、文章を呼んだりするときにもカロリーを燃焼しています。このように、私たち人間にとってカロリーはとても大切なものなのです。

しかし、摂取カロリーが摂取量よりも少ないと、摂取し損ねた分が脂肪として体内に蓄積されてしまいます。そのため、今までの食生活を、摂取カロリーを消費カロリーよりも多く消費する低カロリーダイエットに置き換えることは、効果が高いと言えます。また、消費カロリーを多くしてしまうとエネルギーが足りなくなり、蓄えられていた脂肪がカロリーに変換されてしまうため、痩せる効果にもつながります。