コレットマルーフその2

同じくコレットマルーフの魔法のヘアピンこと、キャストメタルヘアピンを使った簡単に自分でできる着物に合う髪型を紹介したいと思います。
三つ編みをして簡単にアレンジできる髪型なので自分でもやりやすいと思います。
着物に合わせて小花など、飾りのヘアピンも選んでおくといいと思います。

・髪の毛を左側の下部分で一つにまとめて、毛束を三つに分けてから、三つ編みにします。
このとき三つ編みはしっかりと結んでおくといいです。
三つ編み部分がこのあとの髪型の土台部分になるため、緩めの三つ編みにすると崩れやすくなるからです。
できる限り、毛先の方までしっかりと三つ編みを作っておきゴムで結びます。

・結んだ三つ編みの毛先を右側へ持っていきます。
このとき、三つ編みをひっくり返すようにして右側へ移動させると、頭皮側の髪の毛が浮いて崩れやすくなるので、三つ編みをひっくり返さないように正面を向けたままの状態で毛先を右耳の後ろあたりへ引っ張ります。

・三つ編みの毛先部分は見えないように内側に折り返します。

・魔法のヘアピンを裏側から、折り返した方ではなく、折り返した方の三つ編みの先端部分に少しひっかけてひっくり返しながら地肌の髪の毛と一緒にとめます。

・髪の毛のトップ部分を少し引っ張って、ふっくらとさせます。
とめた部分が崩れないように、三つ編み部分を少し抑えながら引っ張り出します。
極端に出しすぎてしまわないように、控えめに出す程度の方が、着物には似合うと思います。

・仕上げに三つ編みの上あたりに、花のバレッタを挿したり、小花のピンやパールのピンなどを数か所に挿したりして飾り付けて完成です。

三つ編みをしてアップにするだけのとても簡単にできる髪型だと思います。