競技用ライン

釣りの種類によって準備する釣り糸もわかってきます。
これは釣り糸の種類であるナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインとは別の見方になります。
釣りの競技が行われる場合は使用する釣り糸や仕掛けには一定の決まりがあります。
キス釣りの場合は、1本のラインに複数の針を取り付けたタイプを使用することになります。
それぞれの針の間隔は決められています。
ただ、同じ道具を使用しているように見えても、材質や号数などを変えることによって、釣り糸全体のバランスが変わってきます。
つまり、それが釣りのレベルの差につながっているのです。
あなたがまだ釣りの初心者ならば、いろいろな種類を考えなくてもいいでしょう。
もちろん、競技に出場するわけではありません。
ただ、釣り糸の選び方の違いによってその日の成績が変わってくることだけは理解しておかなければなりません。
釣り糸はどれも同じだと思っているなら、まずそこから勉強してください。
その心配をしなくても、一緒に誘ってくれた知人が教えてくれることは間違いありません。
号数が糸の太さを表しており、ポンドは重さです。
光の屈折率は素材によって決まっています。
狙っている獲物が生息している場所に適したラインを選ぶことが重要です。
水面からどのくらいの深さのところに針を垂らすかは重要です。
重りと浮きの取り付け位置も変わるのです。
釣りは魚と人間の勝負と考えている人もいます。
それは間違いありません。
しっかりと考えている方が勝利するのです。

タイトルとURLをコピーしました