釣り糸の伸び

釣り糸の種類の違いで伸びが違ってきます。
具体的に釣り糸の伸びとはどのようなことでしょうか。
まだ、釣りを始めてからあまり経験がない人はよくわからないかもしれません。
魚が針にかかると、逃げようとして釣り糸を引っ張ります。
その力と釣り竿を持っているあなたが引っ張り合うことになります。
ナイロンラインを使用していると伸びやすくなります。
ラインが伸びると引きが弱くなり、アタリがわかりにくくなるのです。
ナイロンラインの伸びの欠点を解消するためにPEラインを使用する人が多くなりました。
4本または8本の細い糸をより合わせることで柔らかさを持ちながら、伸びを抑えることができる優れたラインです。
最近はネットでもPEラインを販売するサイトが多くなってきたようです。
このように理屈はわかるのですが、それを自分の体で実感できるようになるためにはたくさんの経験をしなければなりません。
何度も釣りに出かけるのです。
初心者のうちは一人で釣りに出かけるのは気が進まないでしょうから、知人と一緒に釣りを楽しみましょう。
まだ、釣りの楽しみ自体がわかっていないかもしれません。
釣り糸の選び方の違いによって、その日の成績が変わることを実感できるようになれば、もっとしっかりと釣り糸を選ぶことでしょう。
釣具店に行けばたくさんの種類が販売されています。
それぞれの違いは簡単には理解できません。
適当な種類を選んでいるといつまでもうまく魚がかかってくれないことになります。

タイトルとURLをコピーしました