ストレスのない置き換えダイエット

続かないダイエットや途中で挫折してしまうダイエットの特徴は、「しっかり食べられないこと」です。食べたいのに我慢して食べることができないダイエットは、かなりストレスがたまります。でも、置き換えダイエットは、1日に3食食べることができ、食べたい気持ちを我慢する必要もないので、ストレスもたまりません。

重要なことは、1日の総合的な摂取カロリーです。たとえば、甘いものが好きだったり、お酒をよく飲んだりする人の場合、朝食と昼食は低カロリーの食べ物に置き換えて、夕飯はお米などの糖質を控えてお肉やお魚を食べるようにします。このようにすれば、間食に甘い物を食べても良いですし、お酒を飲んでも、置き換えダイエットの効果は出るのです。なぜなら、朝食と昼食でカロリーを抑えているので、1日の総合摂取カロリーは少なくなっているからです。

置き換えダイエットによってカロリー制限すると、体はエネルギー不足になります。カロリーを食べ物から摂取する場合、一番エネルギーとして働くのが米やパンなどの炭水化物です。そのため、炭水化物は、どこの国でも主食となっているのです。

ダイエットの効果をあげるには、炭水化物を摂取する量を減らす必要があります。そうすることで、体内にたまった脂肪がカロリーに変わるのです。蓄積された脂肪でも燃焼すればエネルギーに変わる、この仕組みこそがダイエットなのです。

しかし、体内に炭水化物が多くあると、脂肪よりも先に炭水化物が燃焼されます。これはつまり、炭水化物が体内になければ、脂肪が燃焼してカロリーが作り出されるというわけです。

そのため、肥満体型の人でも、炭水化物を低カロリーなものに置き換えて食べることで、脂肪が燃焼しやすくなり、運動を必死にしなくても痩せることができるのです。置き換えダイエットは、肥満体型からダイエットする場合にも効果があると言えるのです。

タイトルとURLをコピーしました