釣り竿の役割

釣り竿の役割について考えたことがありますか。
魚釣りなのだから釣り竿を使用するのが当たり前と思っているでしょう。
しかし、その釣り竿の役割をしっかりと理解して、釣の種類に合わせた選び方をしなければなりません。
まず、釣り竿の谷和原阪についてです。
釣りをしたことがあるなら、すぐにわかりますが、釣り竿は非常にしなやかです。
もちろん、あまり強く押さえたら折れてしまいます。
折れないように柔らかくできている釣り竿がいい竿と言えるでしょう。
ただ、柔らかすぎると大きな魚を釣り上げることが難しくなります。
初心者のうちはオールマイティな釣り竿を選んだ方がいいですが、釣の楽しみがわかってくるようになると、魚に合わせた釣り竿の選び方をするようになります。
オールマイティな釣り竿は幅広く対応できる反面、細かい動きはできないのです。
専用の釣り竿であれば、釣ろうとしている魚や状況をある程度想定して作られています。
誰でも狙った魚が釣れることが一番うれしいはずです。
そのための専用です。
さて、釣り竿の役割に戻りましょう。
まず、餌や仕掛けを狙ったポイントに運ぶ役割があります。
初めのうちは思ったようにポイントに届きません。
だんだんと上達してくると狙い通りにできるようになります。
それから、魚のアタリを伝えてくれます。
魚が餌をつついている微妙な感覚が竿を持つ手に伝わってくるのです。
硬い方が伝わりやすいですが、折れやすいと言う欠点があります。
また、ヒットすると魚は餌をくわえて逃げようとします。
その抵抗力を弱めるためには柔らかい竿がいいのです。
自分が必要としている役割を持った釣り竿を選ぶことが重要でしょう。