釣り糸を選ぶ

海釣りや川釣りの違いをよく理解している人は釣り糸の種類も十分わかっています。
つまり、釣り場や対象とする獲物、そして、その日の状況によって釣り糸を変えなければならないのです。
種類を知っておくことは常識と言えるでしょう。
釣りに行く時にはいくつかの種類を準備しておきます。
その場の状況でどれを選ぶかを決めるのです。
大きな獲物がかかりそうだと思うなら、丈夫なPEラインを選んだ方がいいですが、小さな魚ならナイロンラインでも十分でしょう。
水の中でラインが見えにくくなっていれば、魚がかかりやすいのです。
種類の違いを知るだけでたくさん釣れるほど釣りは簡単ではありません。
ラインの選び方として号数やポンドで示すことが多いのですが、強さと重さの表示です。
種類の違いは材質の違いですから、同じ号数でもナイロン、フロロカーボン、PEによって意味する内容が違うのです。
大物狙いの場合と初心者が選ぶラインは違っていて当然でしょう。
インターネットで調べてみると、ラインの種類を細かく説明しているサイトがたくさんあります。
それを読めば一般的ことはわかります。
水の中での屈折率の違いは糸が見えにくいことを示しています。
餌だけが見えて、ラインが見えなければ、魚は餌に食いついてくれるのです。
もちろん、釣りは釣り糸だけで決まるわけではありませんが、大きな要素の一つであることは間違いないでしょう。
これが釣りの奥深さとも言えます。
あなたも釣りがしたくなってきませんか。