「バナナダイエット」は効果的か?

一時期「バナナダイエット」が、日本中で話題になりました。バナナダイエットは、食事の代わりにバナナを食べるので、置き換えダイエットと言えます。

バナナによる置き換えダイエットのやり方は、食事の代わりにバナナを1~2本を水と一緒に食べるだけという、とてもシンプルなダイエット法です。朝食にバナナを食べた場合は、昼食と夕食は普段通りに食べても良いので、ストレスなく続けられるようです。

バナナのカロリーは1本80~100Kcalなので、1食の食事に置き換えれば、摂取するカロリーはかなり抑えることができ、ダイエット効果があるのです。また、バナナにはダイエットに効果的な食物繊維やカリウムなどや、脂肪の燃焼につながるビタミンB群も豊富に含まれています。バナナだけでは不足している栄養分は、昼食や夕食などの普段食で補うことができるので、健康的にも心配いりません。

バナナダイエットは、バナナで置き換えた食事以外は普段の食事で良いのですがより効果的に進めるには、その普段食の栄養も気にすることが大切です。野菜を多く食べえて、カロリーをとり過ぎないようにし、できるだけ外食を避けましょう。

また、食事に気を付けるだけでなく、睡眠を十分にとるなどの規則正しい生活習慣も大切です。できるだけ早く眠りにつくことで、疲れ癒しストレスを解消させ、太りにくい体質に導きます。早く布団に入る習慣をつけることで、夕食の時間も自然と早くなり、痩せやすい体質になるだけでなく、肌荒れが改善したり、体調も良くなったりするでしょう。